メッセージ返信 2023/11/15

 メッセージ返信になります。
 
丁寧なお言葉の数々を噛みしめています。

>印象的なタイトルに導かれるように読ませていただきました、の方
 沢山の、私には過分とすら思えるお褒めの言葉をありがとうございます。
 それらに対して誇れるようにこれからも精進していきたいです。「それほどではないです」と返すのは、これほど言葉を与えてくださった貴方様へ失礼を働いてしまいます。
 心から、ありがとうございます。

 一番嬉しかったのは「絶妙な肌触り」の文脈でした。
 お読みくださる方を尊重したいのですが、その辺りばかりを意識していては書きたいことが霞んでしまうことがままあります。ですので、どれだけの塩梅が丁度良いかは毎回気を配りながら書いています。その辺りをくみ取ってもらえる方が私の作品を見つけてくださったことは、滅多にない幸運だと実感しています。
 キャラクターたちにはこれからもお話の枠という中で生き生きと活躍してもらいたいですね。私の長所だと思いますので!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

不完全書庫というサイトを運営しています。
オリジナル小説・イラスト・レビューなどなど積み立て中。
有償依頼も受付中です。

目次